人材育成

「高度な技術力を有するプロフェッショナル集団を形成する」という目標を実現するため、人材育成に力を注いでいます。未経験者もじっくりと育てる風土があります。

人材育成の目標

専門的知識の習得にとどまらず
急速に進む技術革新に対応できる人材を育成します

人材育成の基本方針

  1. 技術以上に大切なヒューマンスキルやコミュニケーションを実践できる人材を育成する。
  2. プログラムロジックなどITの本質を理解し様々な場面で技術を応用できる人材を育成する。
  3. 情報システムの構想から開発までのプロセスを理解しシステム化思考のできる人材を育成する。
  4. 自らの仕事の意味を理解し自発的に学習し、考え、活躍しようとする人材を育成する。

教育訓練体系

当社の教育訓練体系に基づき、計画的・継続的に新入社員、中堅社員管理者教育を実践します。

kyoiku3

新入社員教育
教育システム「新入社員人材養成コース」による充実した教育訓練を実施します。
当社の教育システムは、2008年3月に厚生労働大臣に認定(認定番号200625073)された、 Off-JT(教育訓練機関での座学等)とOJT(自社での実習等)を組み合わせた訓練です。
中堅社員教育
社員個々の経験や習熟度に応じたローテーションを行い計画的にスキルアップを図ります。
ITSS(ITスキル標準)に沿った、キャリアパス形成を目指しています。
リーダーシップ・交渉能力を身につけさせ、実務能力のスキルアップを図ります。
管理者教育
管理者としての役割認識・交渉力・判断力の形成を目指した教育を実施します。
人材育成能力や経営感覚を身につけさせ、実務能力のスキルアップを図ります。

スキルアップ

技術発表会
skill_up年1回、全社員が集まり、数人のグループに分かれてそれぞれの技術研究結果を発表します。
グループごとに発表テーマを決め、テーマに沿った内容で発表資料やデモシステムを作成し、発表を行います。
仙台市内の宿泊施設を利用し1泊2日で開催、交通費、宿泊費は全額会社が負担します。
発表会の後は懇親会が行われ、社員同士が親交をはかります。
勉強会開催
月に1~2回、1回1~2時間程度の勉強会を自主開催しています。 内容:トレンド技術解説、読書会、情報交換など
各種支援体制
各種ベンダー試験受験費用を負担しています。ベンダー試験合格者には報奨金を支給しています。書籍購入費用を負担しています。